廃車の間隔

車を所有しているという方はたくさんいらっしゃると思います。仕事や通勤で毎日乗る方もいれば、車の運転自体が仕事という方もいるでしょうし、週末だけしか乗らないという人ももちろんいるでしょうし、中には長期の休暇で帰省でもなければ乗らないという方もいらっしゃると思います。
市川市|軽自動車等の登録・廃車・名義変更

当然同じ時に新車で買っても、乗る距離や使い方が異なれば、寿命がまったく違ってきます。車を買い替えるのが好きな人であれば、ある程度乗って満足した頃に、次に興味のある車が出てくれば買い換えるのではないかと思います。
廃車手続きの案内
その期間が3年であったり、5年であったり、はたまた30,000kmであったり、50,000kmであったりとそれぞれだと思います。しかし、実際の車の寿命としてはまだまだ乗ることができます。それが証拠にそれぐらいの年数や距離の車であれば、中古車としていくらかの金額で下取りしてもらえる事でもわかります。
自動車リサイクル法 「車検時」「廃車時」に関する 基本的Q&A

逆に下取りで金額が付くかどうかを目処に車の寿命を考えるならば、10年~15年程度で、最低でも100,000km以上というのが一つの目安ではないでしょうか。日本人の感覚としては、それぐらいの年数や距離を乗って始めてこの車はもう廃車でも仕方が無いかという感覚になるのではないかと思います。
廃車手続きの情報
もっともこれはあくまでも日本人の廃車の感覚であって、海外。特に東南アジアであればもっと乗り込んでいくと思います。というのも日本車は故障が少ないというので評価が高い車ですから、日本国内では廃車になった車であっても、実際にはちょっと修理をして、東南アジアへ輸出されて、そこからさらに5年、10年と乗られているのが当たり前の光景になっています。

とはいっても日本で長い年数乗っていると、車検であったり、検査であったりという点で、手入れを次々にしないと乗り続けられませんので、余分な出費となってしまいますから、どこかで廃車にしてしまわないと採算が合わないのかもしれません。